--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-07

MMM第2営業部.ver4

今日も静かなブーム、MMM第2営業部。
ソロ突撃、第4回めとなります。
おたからポイントは溜まっていませんが、経験を重ねることを優先し、かまわず突撃!



今回のポイントは、

・前回の反省点をふまえ、今回は青い箱はひとつずつ確実に運ぶことにします。
青い箱がスタート近くに2つ以上あればまとめて運んでもいいのですが
奥に2つあることが多いので何とも言えません。
やっぱり1つずつが無難でしょう。たぶん。

・戦闘不能になることはほぼ無いくらいにまで慣れたので、保険ルーンを外します。
保険ルーンを外すだけで報酬マーブルが+21。
狭い通路でTerrormongerに遭遇さえしなければ大丈夫なはず。
TerrormongerもMMMフレグランスがあればOK(見つかる前なら)。
フレグランスを使ってしまった後に再び遭遇した時が怖いですが…何とかなるでしょう!

・おとしものルーンを外し、代わりに修行のルーンをつけます。
おとしものルーンで木箱が多数配置されれば回避アイテムも拾いやすくなり、
一見有利に思われますが、通路に木箱がたくさん配置されると通行の邪魔です(´Д`;)
というわけでおとしものを外し、代わりに同じブロック形状の修行のルーンを。
まあ、営業部じゃ修行ルーンなんてあまり意味がないのですが。





さあ、今度こそうまくやってやるぞ!

突入後にテンポラリアイテムをもらい、いつものように通路を右に。
スタート地点すぐ近くの???からスライムジュースを拾ってNPCへ納品。

ドールを避けつつ橋の上を渡り、行き止まりまで進んで青い箱があるかどうか確認。
こちらの通路上にはありませんでしたが、橋の上から1階部分を見ることができます。
1階へ降りる途中に青い箱がひとつあるのを確認。
Terrormongerが奥へ歩いて行くのも見えました。

通路を戻って逆へ進み、ドールとプリンを避けつつ進みます。
マップ南西の行き止まり方面を確認、青箱なし。

1階へ降りる階段で青い箱1つめを回収。
中身は「臙脂の肝」。
移動速度がダウンしたのでそのままスタート地点へお持ち帰り。

NPCへ渡した後、再び階段へ。
階段を降りたところのプリンを回避し、3つの通路のどれかへ入ります。

左の狭い通路にはアーリマンが2匹往復していたのでスルー。
サシェオブウッドで回避はできますが、木箱に変身すると動けなくなります。
ドールとプリンはサシェオブバグで回避できるので、わざと複数のドールやプリンに
絡まれ、目的地まで進んでからバグを使ってタゲ切り、というワザが使えるのですが
ウッドは動けなくなるのでコレができません。
アーリマンのやっかいなところはこの点ですね。

とりあえず真ん中の通路へ進みます。
ここもアーリマンが2匹いましたが、広めの通路なので横を素通りできました。

奥の通路で青い箱をふたつ発見。
「グリフィンの毛皮」。
これひとつだと重量が軽いらしく、移動速度が落ちません。
もうひとつの箱から「輝く透石」を回収し、移動速度ダウン。

「グリフィンの毛皮」のみ=変化なし
「グリフィンの毛皮」+「輝く透石」=移動速度ダウン
「臙脂の肝」のみ=移動速度ダウン

重さは

グリフィン+透石 = 臙脂の肝

のようです。
たぶん透石も単体で臙脂の肝と同じ重さ。
ということは毛皮の重さは0ってことになるなぁ…

まぁいいや!考えるのは後だ!



今回は残り時間も割と余裕があったし、大丈夫だろう!
ということでふたつ一緒に持ち帰ることにしました。

通路を出て広間に出ると、
0906m065.jpg

Terrormongerが立ち止まっていました。
以前の記事で「Terrormongerは立ち止まらずゆっくり全域を移動」と書きましたが
立ち止まることもあるということが分かりました。
しきりにキョロキョロと方向を変えてます。
これじゃ通り抜けるのは危険…なので動くまで様子を見ます。

やがて、私が出てきた通路のほうへ向かってきました。

慌てて引き返しますが、ここは少し広い通路だったので
もしかしたら壁に張り付けばやりすごせるんじゃないかな?
と思って試してみたらちゃんとやり過ごすことに成功!
(Terrormongerにインビジは無効ですが、近くにゴブがいたのでインビジしてます。
ゴブのみ、営業部のモンスターの中で唯一インビジで回避可能。)
0906m165.jpg

こいつさえやり過ごしたら後はもう怖いものなし。
ドールとプリンをヒョイヒョイかわしつつスタート地点へ戻るだけー。
途中で余裕こいて???からクロノスの歯を拾ったりして。
これでクリア報酬の素材枠が2つだぜー。

プリンは足が遅いので、わざと見つかって走っても追いつかれない!
重量で移動速度が1段階落ちてるのに追いつかれないほど足が遅い!
わざと絡まれて走って、スタート地点に着いたらサシェオブバグでタゲを
切ろうと思ったのですが、そんな事をする必要もないくらい追いかけてくるのが遅かった!



そのままテンポラリアイテムをNPCに渡して報酬箱をぱかっ
0906m265.jpg

保険ルーンなしなので経験値200+修行ルーンで+200されて計400。
保険ルーンなしなので以前よりマーブル減少量が少なく、37もゲット。
おたからポイントは0だったので追加の報酬箱はなし。



いいぞー!
今回は自分でも納得のいく出来でした。

青い箱の中身「臙脂の肝」と「輝く透石」は重いので、
これらをふたつ一緒に持ち運ぶと移動速度ダウン量がきつい!
(どちらかひとつだけを持つより、ふたつ一緒に持ったほうが移動速度が遅くなる)
残り時間と青箱の位置にも左右されるけど、なるべくこのふたつは別々に運ぶ。

グリフィンの毛皮は重さが0のようなので、毛皮+透石or肝
という組み合わせなら、ふたつ同時に運んでもいい。

透石or肝のどちらかは単体でNPCまで運んでおく。
(スタート地点からより近い場所にあったほうを先に運んでおく)

Terrormongerは立ち止まってキョロキョロすることがある。
(立ち止まるのは3つの通路がある広間のところだけ?)

Terrormongerは狭い通路でなければ壁に張り付いて回避が可能。
(ルーン「静」を水属性に重ねている状態で)

ドール・プリンは状況によっては後ろを向くのを待つよりも、
わざと絡まれて目的の地点まで移動してからサシェオブバグで
タゲを切ると時間短縮につながる!

この方法でタゲを切るためにサシェオブバグを使う時は、
追いかけてくるドール・プリンを十分にひきつけてから使うと良い。
距離が離れすぎているとバグを使ってもタゲが切れないらしく、
バグの効果時間30秒経過後、変身が解けた頃に敵が追いついてきて
結局タゲが切れない、ということになる場合がある。

上記のタゲ切り方法を使う場合、移動先にアーリマン・ゴブリンがいる場合は注意。
(アーリマン・ゴブはバグでは対応できないため)

敵がこちらに襲い掛かってくるルーチンは、

敵の感知範囲内にPCが入ると、「敵に発見された」とメッセージが出て、敵がPCに接近してくる
(リコポンや銀海遺構1層大広間のフォモルのように、ついてくるだけで攻撃はしてこない状態)

敵とPCとの距離が、近接攻撃が届くくらいの距離になる
この時点が敵が正式に絡んだ状態。絡んだ時の唸り声を上げる。
唸り声を上げた後、攻撃してくる。

よって、「発見された」だけでは、まだ攻撃されないので
アイテムを使ったり安全な場所まで移動する余裕がある。
(移動速度ダウンが重すぎる場合は逃げ切れない)


今回新しく分かった事を活かし、今後はこのあたりを意識してやることとします!



マーブルを200貯めて「抜け道」のルーンが手に入ればもっと楽になりそうなので
次は何日か時間を置いておたからポイントを貯めてマーブルを稼ごうかな!

プリンは足が遅いのであまり怖くないことも分かったしー、
「アモルフ」ルーンで配置を増やしてもいいかもしれない。
報酬マーブル+4増加。くふふふ。次回やるときが楽しみだ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magicuser.blog52.fc2.com/tb.php/483-cf4d3459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。