--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-07

うみねこEP6終わったにゃりん

実は下のほうで記事書いてから半日後には読破していたのデスケドネー。

今回はなかなかボリューム満点なやり応えでした。



さて、以下はネタバレ大前提でごちゃごちゃと書いていますので
これからプレイの方、興味のない方、何が何やら分からない方はスルー大推奨~。

今回も新しいBGMがいっぱい追加されてましたね!!
以下、特にお気に入り。

【キ・ナの香り】
ゼパル・フルフル登場。
この二人なんか好きだわ!

【rog-limitation】
エンチャンター朱志香のバトルシーン。
RPGのボス戦っぽいですな!

【ワルツOp.34】
ゼパル・フルフルがくるくる踊ったりするシーン。
他のシーンでもかかるBGMだけどゼパル・フルフルのインパクトが大きすぎた。

【ALIVE】
紗音と嘉音の決別シーン。
「「もう邪魔なのだから。」」

【Life】
紗音と嘉音の銃による決闘シーン。

【battle field】
チェーン密室に蝕まれる戦人のもとへ駆ける嘉音。
走りながらの回想がグっときた。

【Rebirth】
大聖堂の決闘。

【birtth of new witch】
本編のエンドロール曲。
「「17人だ。」」

【ウサンノカオリ】
????のエンドロール曲。
聴きながら思わず歌詞を書き出してしまった。
なんて中毒性のある歌なんだ・・・!!


この二人好きだわー




以下の本編ラストの展開。



初めまして、こんにちは!
探偵ッ、古戸ヱリカと申します!! 招かれざる客人ですが、どうか歓迎を!!
我こそは来訪者ッ、六軒島の18人目の人間ッ!!!


…………申し訳ないが、

そなたを迎えても、

17人だ。





島にいる人間は

金蔵、蔵臼、夏妃、朱志香、絵羽、秀吉、譲治、留弗夫、霧江
戦人、楼座、真里亞、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢、南條

これに来訪者であるヱリカを入れれば19人。
金蔵はゲーム開始前に死亡しているので1人分ひいて18人。
これでヱリカのいう通りの18人に。
しかし戦人・ベアトがヱリカを入れても17人と赤を行使。

これはどういうことだろう?
なぜ双方の矛盾した赤字が同時に行使できたのか・・・?


17人ってことはつまり

蔵臼、夏妃、朱志香、絵羽、秀吉、譲治、留弗夫、霧江
戦人、楼座、真里亞、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢、南條

の中に一人、金蔵のようにすでに死んでいる人物か
もしくは二人で一人の同一人物がいるのではなかろうか?

この中に二重人格者がいたとして、その人物の二重人格を
それぞれ二人としてカウントしたのがヱリカのいう18人、
二重人格をカウントしない人数が戦人・ベアトのいう17人。
ちょっと強引が気もするけどこれで一応どちらも赤が使える。


紗音と嘉音が同一人物説。
この二人が実は同一人物で一人の人間なのではないか。
もしくはどちらかが妄想・幻想の人格なのではないか。

・決闘での勝利者が紗音だったこと、
・島に先に使用人としてやってきたのは紗音だったこと、
・紗音が使用人を辞めることがあれば自動的に嘉音も辞めることになるという話、
・過去のエピソードでいつもいつも嘉音の死体は残らないこと、
などを考えると、本体は紗音であり
嘉音は後に生まれた・あるいは作られた人格・幻想である説。

ゼパルとフルフルの恋の試練での紗音と嘉音の決闘のシーンは
紗音・嘉音というふたつの人格のどちらかと決別して完全にどちらかの人格を受け入れ
どちらかの人格を捨て去り、完全な一人の人格として生まれ変わる儀式を
ファンタジー描写したものではないか。

どちらか一方の恋しか成就しない云々もこれなら説明がつくんじゃないかと・・・。

もし紗音=嘉音だったのならガムテープ封印が破られたか否かがあやふやのままの
隣部屋の窓を抜け出して戦人の密室に行くことは可能ではないだろうか!(紗音は隣部屋にいた)

魔法主張




・・・

・・・それにしたって説明がつかないことがてんこ盛りなのですけどね。
同一人物じゃいくらなんでも無理があるだろーってシーンも多々ありますし。
全ての名は本人しか名乗れないという赤に抵触する気もするし・・・。

しかし今の私にはこれ以上のものは見えてこーなーいー・・・。
チェーン密室の脱出法も結局は魔女側勝利で終わったし、全然分からん!

ひぐらしも7話めである皆殺し編からようやく物語全体の根底が明かされだしたので
うみねこも次回のEP7で大きく真相に近づけるような話になってるといいナ。

でも話の流れ的に次はベルンカステルがゲームマスターやるんですよねェ・・・
どんなエグいゲーム盤になるやら・・・
エグくてもいい、ちゃんとした真実に近づける話ならば。
EP5みたいに捏造真実をシナリオにされやしないか不安だなぁ・・・。

最期のフェザリーヌの「答え合わせを全てせよ」が今までの
事件のトリック明かしをする、ってことを期待してもいいのかな。


私は魔女幻想が人間トリックで暴かれることを期待しています。

つまりその立ち位置はベルン・ヱリカ側になるわけだけど
真実じゃない真実を練り上げられてもそれは本当の真実ではなく
さらにベルンもヱリカもかなり性格がエグいので素直に応援できない。したくない。

ヱリカの最期

いや、ヱリカはまだいいんだ・・・
今回名ゼリフが多かったし最期もかっこよかったよ。
ドラノールに感謝の言葉を述べたりもしたし・・・。
むしろヱリカはEP5の時より好きになったかもしれない。

しかしベルン・・・こいつは相変わらずキツイ・・・;;




戦人は魔法否定・縁寿の待つ世界へ帰るという当初の目的を完全に忘れ(?)
黄金の魔術師戦人・ゲームマスターとして魔女側の立ち位置へ。
かつてのベアトの復活に愛を注いでばかり。
どうしてこうなった/(^o^)\

心情的にはこちらを応援したい。
けどもそれでは魔女幻想が否定できない・・・。
だって戦人が魔女側になってしまったのだもの・・・。
EP4であれだけ大泣きして縁寿の世界へ帰るって誓ってたのは何なの・・・?
(EP5の時も同じこと書いたけど)


戦人・ベアトを応援したい→でもそれじゃー魔女幻想が破られない。
幻想をトリックで暴く真実が知りたい→でも性格最悪のベルン・ヱリカは応援したくない。

個人的にEP5,EP6ともにいまいちスッキリしないのはこの辺が原因かもしれない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magicuser.blog52.fc2.com/tb.php/618-caaa7fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。