--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-21

土は土に。灰は灰に、塵は塵に。幻は幻に。そして、夢は夢に。

うみねこのく頃に散 Requiem of the golden witch

100817510.jpg


読了しました。
というか繰り返し読んでたりします。

うちのブログを見る人でうみねこをやる人がいるかどうかは怪しいですが
念のためネタバレ防止のため続きは畳んで隠しちゃいます。
もしも「これからやる!」という人は続きを開かぬように!ように!

今回のエピソードでたくさんのことが明らかになりました。

金蔵の過去、事件を起こす犯人、その人物の出生の秘密と過去、碑文の謎の解法、
なぜ誰も生き残れないのか、碑文の謎を解いても殺人が起こる理由etc...


終盤でウィルが過去のエピソードの不可思議な事件を、抽象的な言葉で
真実と虚実に斬り分けましたが、今回のエピソードで明らかになった、

・ヤス=紗音=嘉音=六軒島のベアトリーチェ
・ヤスの出生の秘密に大きく関わっている古株の使用人たちの存在
・碑文の謎が解けてもカネが欲しい大人組が殺し合いを始めてしまう

このあたりを踏まえて過去の事件を振り返ってみると真実がなんとなく見えてきますね。


「第1のゲーム、第一の晩。園芸倉庫に、6人の死体。」
「幻は幻に。……土には帰れぬ骸が、幻に帰る。」


ウィルが
「……始めから、危ういゲームだったな。
………もしもあいつが、それでも死に顔を見たいと言って踏み入っていたなら、どうしていた。」

と言っていることから、紗音の死が幻想ということになりますね。

「あいつ」と言うのは死に顔を見たいと言っていた譲冶のことでしょう。
同時に戦人も紗音の死体は観測していませんでした。

そしてあの時、紗音の死体があると言っていた大人組はおそらくヤスに買収された共犯だった。
古株の使用人はヤスの出生の秘密を知っているので共犯であっても不思議ではない。

ここで紗音は死んだことになったので、以後ヤスは姿を隠して自由に動けた。
ベアトリーチェとして殺人を続けていったものと思われます。


「第1のゲーム、第二の晩。寄り添いし二人の骸は鎖で守られし密室に。」
「幻は幻に。……幻の鎖は、幻しか閉じ込めない。」


これも「嘉音」として「ヤス」がチェーンを破壊した後に殺人を行った。
源次がチェーンがかかっていたとか偽証し、熊沢が、ヤスがチェーン破壊後に
殺人を実行したことを偽証でごまかしたのなら辻褄は合う。

源次・熊沢・南條はヤスの秘密を知る古株の使用人なので共犯になり得る可能性がおおいにあり得る。
この後のボイラー室での嘉音死亡も熊沢と南條が偽証したとすれば問題なし。




そんな感じで考えていくと残りの事件もだいたい説明がつきます。

ただ、今回ウィルが明らかにしたのはベアトリーチェがゲームマスターだった時の事件だけなので
ラムダやベルンがいじくったゲームでの事件は斬り分けられませんでした。

第1のゲームの南條殺しの犯人についても、あれは碑文の謎が解かれた後の殺人で
おそらくはヤスは関わっていなくて、大人組の誰かの犯行だったと思われるので
ウィルとクレルの剣闘では取り扱われなかったものと思われます。




碑文の謎の解法。

EP5が出た直後あたりだった気がしますが、去年の段階で台湾説を出していた人がいました。
それがほぼそのまま正解だったので軽く感動しましたね!
今にして思えばEP5の時点でも台湾のヒントが出ていたわけですが、それでもよく分かったなぁ・・・。




そして・・・Tea Partyの終盤でクレルの内側からあふれ出た断片的なシーン。

「イ、イタリア人の黄金を奪うだと? 卑怯者め、右代宮、貴様、それでも帝国軍人かぁあああぁ?!」

「………お、お父様……? わ、私はお父様のことを敬愛いたしております……。
 で、でも、……そのお父様の気持ちには、その……。」

「どうして…!! どうしてあなたたちは私を助けたんですか?! どうして死なせてくれなかったんですか?!
 私はあの時の大怪我で、……こんな体で生きさせられている!! こんな体で、生きていたくなんかなかった!!
 こんな、恋をすることも出来ない体で……!!そんなの、そんなの、生きる価値がないんじゃないですか?!
 そんなのニンゲンじゃない…!! 家具じゃないですか!!」

「そう、私は、家具……!! 家具なんだ…!!
 どうして、………私をあの時に死なせてくれなかったんですかッ!!
 ぅわぁああああぁあああああぁああぁああ……!!!」



これが真実とするなら、本編で金蔵が語った過去話は美しく修飾された虚実ということに。
黄金を奪って皆殺しにしたのも山本中尉ではなく、本当は金蔵だった・・・?
とすれば、ビーチェと出会って"初めて生きた"美しい思い出すらも虚実の可能性がとても高い・・・!
これらが真実であるなら、金蔵が語った「過ち」を含めて、金蔵は何一つ救いようのないやつです(-_-;)




たくさんのことが明らかになったEP7ですが、それでもすべての謎が明らかになったわけではなく

・留弗夫が握る、戦人の出生の秘密(明日夢の息子ではない云々絡みと思われます)
・過去のゲームで何度も登場した、真里亞が目印をつけた薔薇が消えた秘密
・今回クレルが語らなかった、事件までの2年の間に何が起こったのか
・ヤスがここまで大きな惨劇を引き起こす決意に至った動機
・小此木や天草の正体、真意、目的

などなど、いくつか大きな謎を残したままです。
特にヤスの動機に関しては、EP7本編で
「ここまで語ったら分かって当然、分からないならもはや語らない」
みたいなことを言ってましたが、"恋の根の痛み"は殺意を抱くきっかけにはなっても
島の人間を皆殺しにして爆弾で吹っ飛ばす動機にしては全然弱く、それだけではないと思うんですよね。
おそらくは意図的に語られなかった空白の2年にカギが隠されているのでしょう。


殺人や密室トリックではないけど、大勢が見ている室内でどうやって魔女の手紙を置いたのとか
EP5の食堂でノックをしたのは誰だったのかとか
そういった細かい謎もいくつかは謎のままでEP7は終わりました。



残る謎は最終話となるEP8で全て明らかになるでしょうか。
尺の問題とかで最後まで謎のままで終わりそうなものもありそーな気がしますが!
(ひぐらしの時もそんな感じ謎があったし・・・)
すっきり謎が明かされるのを期待したいであります。。




BGMは今回は印象に残るような音楽は少なかったかなぁ。
でも好きなのを挙げると・・・

Bore-ral:(金蔵の過去)
far(flat):(ヤスの過去)
おもちゃ箱:(劇場)
人形劇:(ヤスの過去)
Golden Nocturne:(劇場クライマックス)
黄泉津比良坂Corruption:(留弗夫と霧江の殺人)
なまえのないうた:(エンディング)

・・・少ないと言いつつ結構あるな(^ω^)
なまえのないうたは珍しく穏やかな曲のエンディングでした。
歌詞も・・・ヤスの回想そのままじゃないか・・・;w;




このゲームに、ハッピーエンドは与えない。


これを赤で言われてしまったわけですが、EP8はどんな話になるのだろう・・・。
与えないけど自らの力で運命を切り開いて掴み取ってやる!
とかでしょーか!そして戦人の真意は一体・・・?

今回明かされた真実が真実であるなら金蔵はもはや救いようがないですが
個人的にはやっぱり最終話はハッピーエンドを信じたいです。




100818440.jpg


なまえのないうたVer.sakuraEDサイズ
Artist/Sunny,xaki,cap,pyon
Vocal/佐倉かなえ,xaki(choir)

青い海に浮かぶ 名前のない島は 叶わぬ約束を 待ち続ける島

明日もしこの雨が 止んだら結ばれると 叶わぬ約束を 待ち続ける島

うみねこが羽ばたき 綺麗な嘘を綴った 共に生きると誓い合った 金色の島

明日もしこの雨が 止んだら結ばれると 信じ続ける君に 私のすべてを 私のすべてを
Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。