--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-24

きみは本当にDurinn?

邪鬼のアートマが取れるDurinn戦に参加しましたー。

1009222338.jpg


外見は赤いドゥエルグ。
かのPandemonium Wardenと同一グラフィック。


どうやら雷モードと氷モードを切り替えるようで、
雷モード時にはサンダガIV、範囲化されたバースト、ヘルスナップ、
氷モード時にはブリザガIV、範囲化されたフリーズ、ネクロパージ
(ビルジストームだったかも?)を使用するようでした。
追記:氷モードでもヘルスナップを使うようです。
技は関係ないのかも・・・。



あと耐性も切り替わるようで、どうやら雷モード時にはスタンがレジられるっぽい?

魔法攻撃力ダウン、魔法防御力ダウン、魔法命中率ダウンのカックルも使用。
これはモードに関係なく使うようでした。(たぶん)
これの直後に魔法を被ると危ないのでミゼリエスナ、ソラスサクリ、イレースで対処。


ドゥエルグの特性上、魔法ダメージはろくに入らないけど物理はそれなりに。
ナズナさんがガスガス殴ってるだけでも目に見えて削れました。

残りHP1割くらいでドゥエルグ族の真骨頂、鮮血の饗宴を使用。
魔法ダメージ+テラー+PCキラー付与。

とはいえ壊滅するほどの被害も出ず、そのまま倒してしまいました。


消える前にかろうじて撮影できた死体。
1009222342.jpg



フリーズバイトで弱点もつけたので無事に邪鬼のアートマを入手。
1009222346.jpg


邪鬼のアートマ
INT+:大(+50)
リフレシュ:中(+10MP/3sec)
敵対心-:小





う~ん。
ドゥエルグ族だからかなりびびってたんだけど。
見かけ倒しもいいところでした。
拍子抜けするくらい楽勝(´・ω・`)

吸収モードのある下位のドゥエルグDvalinnのほうがキツいらしい。



そうそう、それで思い出したんだけど。
Durinnを撃破した際の称号「ドヴァリン ディシーバー」になっているのですが。
1009222352.jpg

Durinnを倒したのになんでドヴァリンの称号!?

DvalinnってDurinnを沸かすために必要な
大事なものを落とす、下位のドゥエルグだよね!

これは、DurinnとDvalinnの名前が
「開発のミスで逆に設定されてるんじゃないか」と思ったのですが
この称号の英題「Dvalinn Deceiver」を辞書で調べてみたところ
Deceiverは「詐欺師」といった意味なんだそうです。

ん・・・?
もしかして名前と称号が一致しないのは開発のミスじゃなくて
ちゃんと設定があるの・・・か・・・?

明らかに下位のほうが強いDvalinnが、Durinnを上位ドゥエルグとして
(自分の影武者として?)仕立てた、とか?
だから称号が「詐欺師」になっているのか・・・?



出典の北欧神話においてDvarinnとDurinnはかの有名な剣ティルヴィング
を鍛えた(同時に呪いもかけた)とされる2人のドゥエルグ。
Dvarinnは「躊躇う者」、Durinnは「眠る者」を意味する言葉。
出典元を見る限りじゃDvarinnがDurinnを身代わりにした、
みたいな設定はないみたいだし・・・

うーん、やっぱりよく分からないな・・・。

「Dvalinn Deceiver」って撃破した称号として考えたら
「ドヴァリンを欺いた者」だろうし
「ドヴァリンは詐欺師」とは訳さない・・・よ・・・ねぇ・・・。


・・・うーむ。
開発のミスで名前が逆になっているだけなのか。
奥深い設定があるが故の正規仕様なのか。
謎は深まるばかり。

英語版のwikipediaには両者についてもっと詳しい記述があるようなのですが
全文英語だとさすがにちょっと分からないな(´・ω・`)

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。