--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-13

ちょっと変わった趣味

1102051851.jpg

最近のマイブームといいますか、趣味といいますか、ハマってることがふたつあります。



ひとつは、「ライブカメラ観賞」!
それも30秒ごととかに静止画として更新するタイプじゃなくて、リアルタイムで映像が見れるやつです。
遠くの他県の見知らぬ街角に設置された、リアルタイムで流れるライブカメラを見るのが好き。

上の画像はその一コマです。
あの建物は何のお店だろう、あの車はどこから来てどこへ行くんだろう、
あの遠くに見える家にはどんな人が住んでいるんだろう、
あの道路の曲がり角の先にはどんな光景が広がっているんだろう、etc etc
カメラ映像でしかその街を見られない私にはカメラ枠の外側のことは全て想像に任せるしかなく。
それもライブカメラを楽しむ醍醐味なのです。

そんなわけで日本各地のリアルタイムライブカメラを探したりするのですが
定期的に静止画としてカメラ映像を更新するタイプのライブカメラが多くて
なかなか良いライブカメラにはめぐり合えません。
やっぱりリアルタイムだと負荷とかがきついんですかね。

見知らぬ街の、ライブカメラ。
ただそれだけでなぜこうも惹かれるのか。
いつかライブカメラが設置されているあの街に実際に行ってみたいものです。
そしてライブカメラに向かって手を振ってみたりして。







1102122252.jpg

もうひとつは、「廃墟観賞」。
廃墟となった建物の、なんていうのか、独特の雰囲気というのか……
とても説明が難しい感覚なのですが。

例えば60年ほど前に廃墟になった某診療所。
内部は今の人には読めないような、当時の書物やらがいっぱい残されたままで
廃墟も物たちも、60年も朽ちるに任せて昏々と眠り続けてきたわけで。
ある年数から放置されたままのカレンダーや新聞なんかも残されていたり。
その年代から無人化し、廃墟になったのでしょう。
それから静かに数十年もの時が流れて朽ち行く廃墟。
それを思うと不思議な感覚に陥ります。

中には歴史的に価値あるものが残されている廃墟もあるんじゃないでしょうか。
きっと日本には、まだまだ未発見の廃墟が人知れず眠っていると思います。

長い間、内部は時が止まったかのように、外側は自然の力に侵食されていき…
当時の生活観などを残したままのゆっくりと朽ちていく廃墟。
言い知れぬ魅力を感じてしまうのです。
なんと表現すればいいのか、この感覚。
廃墟好きな人はみんな抱いているであろう、この感覚。
とにかく説明が難しい感覚です(。・_・。)

廃墟の数だけドラマがあります。
廃墟になる前はそこには人がいて、生活があったはずで。
そして廃墟になった理由も様々で。
その痕跡を残しつつゆっくりと朽ちていく。
そこに感じる不思議な魅力。


ただ、自分では直接行ってみたいとまでは思いません。
いやいや、行ってはみたいのだけども、それ以上に「怖い」気持ちが大きい。
崩れかけた廃墟はそれだけで危険だし、動物や蛇や虫も怖いし、心霊的なものも怖いし、
場合によってはアブない人たちの溜まり場になってる場合もあるみたいだし。

廃墟巡りの先駆者の人と一緒に行けるならば行ってみたいです。
身近にそんな人はいないので無理ですが。

廃墟の王様といわれる軍艦島。あそこはぜひ行ってみたいものです。
あれは本当に別格。日本にあんな規模の廃墟が残ってるなんて神秘。

ネット上に廃墟好きの方が各地の廃墟を巡礼して写真をアップされているサイトがあるので
私にはそういうサイトで廃墟の写真を見て思いを馳せるくらいが丁度いいのかも。
書籍や写真集みたいなものも発売されています。
そういうのを作ってる方は廃墟探索も慣れていて危険さも分かっているので
もしも実際に廃墟に行くならそういう人と一緒じゃないとやっぱり怖いですねー。


廃墟の所在地ははっきり明かされると人が大勢押し寄せたりして近隣住民に迷惑がかかったり
廃墟そのものが荒らされたりといった懸念もあるので、あまりブームにならないほうがいいのかも。
でも、あの独特の感覚は、分かる人とは共有したいなぁ。

廃墟探索は危険がいっぱい。
崩落などでケガの危険はもちろんのこと、野生動物などに出くわす恐れもあるし
あぶない人たちの溜まり場で危ない人たちに出会ってしまうかもしれないし、
あと、どう見ても使われていないような廃墟や敷地でも
個人や企業に管理されている場合もあるので、勝手に入ったら通報されたりもあるそうです。
素人が安易に手を出していい趣味ではありませんね。
私のような素人はネットや書籍で写真を見て雰囲気を味わうだけでとりあえず十分です。








唐突にFF11の話になりますが。
そういえばボナンザは1等が当たったのでクラクラをもらいました。
ウソですごめんなさい。本当は5等しか当たりませんでした。
とりあえず守護者像をもらっておいたけど、像の調度品はあまり好きじゃない。。
理由は小さすぎることと、土台がやけに自己主張しているのが気に入らないからです。
土台を取っ払ってもう少し大きめのグラだったらなー。


今回のボナンザは
素材系がアビセアにより値崩れしたこと、
エクレア装備品が倉庫で当たっても仕方ないこと、
2000ギルを10個×キャラ分の出費は地味に痛いこと、
個人的には1等~5等全ての賞品を見てもクラクラ以外に欲しいものがなかったこと、
などを考慮し、今回はメインでしか買いませんでした。

ま、当たるなんて期待してなかったけど^^
もしも当たっていたらクラクラをもらっていたと思います。
そしたら途中で放置している白の片手棍メイジャンも頑張っていたはずです。
全ては、夢物語。

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。