--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-15

地震被害

とりあえず、なんとか無事です。
もう少し落ち着いたら追記しようかと思います。


<追記>

みなさま、ご心配いただきありがとうございます。
まだ精神的に整理もつかず、何をどう書いたらいいか・・・
今も余震や悪いニュースがいつ来るかと怯えています。
まとまりがなくて読みづらいかもしれませぬが、ご容赦を(..)
ひとまずは無事であることのご報告。


*

地震発生時、あまりの揺れの強烈さと、建物全体の軋みから、
このまま建物が崩れてガレキの下になってしまうんじゃないかと一瞬本気で覚悟しました。
建物が、今まで聞いたことのないような音でギシギシメキメキと歪み、生涯で初めての恐怖を覚えました。
地面の下に雷が轟いているかのような凄まじい轟音を感じました。


地震直後から発生した東北地方全域の停電により、2夜を電気なしで過ごしました。
明るいうちはまだよかったのですが、夜になってからが大変でした。

テレビがつかないので情報が入ってこない。
携帯も近隣の電波基地局が全て落ちたらしく、圏外に。
ほどなくして携帯の充電も切れてしまいました。

北国のうえ、まだまだ寒い時期なので暖房も必要でした。
電源を使わずに火を起こせる反射式ストーブという暖房機で暖を取りました。
これは広い部屋を暖めるには向かないので毛布なども必要でした。

電気が一切使えないので、18時以降は真っ暗闇で何もできませんでした。
毛布に包まって時間が過ぎ去るのを待つしかない。

唯一の情報源のラジオはありましたが、聞こえてくる情報は
マグニチュードが8.4から8.8、後に9.0に修正されたとか、
福島県の原発が深刻な状態であるとか、
各地に発令された大津波警報や注意報、避難勧告、
頻繁に起こる余震の注意や緊急地震速報、
電気やガスや水道などのライフラインの復旧の見通しがまったく立たないとか、
岩手や宮城の沿岸部分が津波で壊滅状態であるとか、
私の町のすぐ近くの市も津波に飲まれて被害が甚大であるとか、
そんな恐ろしいニュースばかりでした。
暗闇の中で毛布を被りながらひたすら聞こえてくる悪い報せを聞くことが
こんなにも不安で怖いものだとは知りませんでした・・・。
緊急地震速報のあの音も、もう聞きたくありません;;
自分が被災者になって、初めて理解できた恐怖。
不安と恐怖でこの2日間、一睡もできませんでした。

翌日、明るくなってから町をまわってみました。
電気が止まっているので信号もすべて機能していませんでした。
にも関わらずドライバーは安全運転、交差点などでの譲り合いにより
特に交通事故などは起きていませんでした。

自家発電機を使って臨時開店しているコンビニやスーパーがありましたが
食料や水や電池を買い求める人でごった返していました。
特に懐中電灯・電池式ランタン用の電池はどの店も一瞬で売り切れた模様です。
食料や水も大事ですが、夜の暗闇は本当に精神を蝕みます。
今の私には電池の重要性がこれ以上ないほどに理解できました。

2夜を過ごした後、電力が復旧しました。


私の町は海岸線から20kmほど内陸部なので直接の被害はありませんでしたが
買い物や仕事や遊びにもよく出かけている近隣の市が、津波で大きな被害を受けました。
テレビで津波被害の映像を見た方も多いかと思われますが、あれを直に見ました。
船が転覆したり岸壁や道路に横たわっていたり、車や建物が津波に流されていたり
沿岸部の住宅、電力設備、ガス会社、漁業施設などが津波で押し流され破壊されました。
こんなにも身近でこんなにも大きな被害があったことに、心から震え上がりました。
・・・あれが現実の光景とは今でも信じられません。


*

一方、関東では電力不足のために計画停電の情報。節電のため、FFも最低1週間のサーバ停止に。
今、日本はそれだけの事態ですから仕方ないですね。
ただ、ゲーム内でしか連絡が取れないフレもいるので、安否が心配ではありますが・・・

計画停電については、いつ回復するかも分からない電力なしの不安な2日を過ごした身としては
日に数時間の停電やゲームサーバ停止くらいガマンできるというもの。
ただ、初日はかなり大混乱だったようですが・・・この先も混乱が生じそうで心配です。


津波の被害にあった近隣の都市の光景やテレビに流れる被災地域、被災者の映像を見ると胸が痛みます。
程度が軽いとはいえ自分も被災者。その疲労、不安や恐怖は痛いほど分かります。
私はたった2日でも大きな不安と恐怖に気持ちが押しつぶされそうになりました。
今も非難生活を続けている人たちの疲労や心労は計り知れません。
それをわずかでも和らげるために何か力になりたい。。。
私個人の力では今現在、今も避難所で非難を続けている人たちへの飲料水、毛布や電池の配布の手伝い、
暖房用の燃料の運搬、食事の炊き出しやおにぎりを作ったり、くらいのお手伝いしかできません。
甚大な被害全体から見れば個人の力は微々たるものですが、それでも、わずかでも助けになれれば、と思います。
被災地域が、日本全体が、1日でも早く安寧を取り戻せることを心から願ってやみません。

コメント

本当にご無事で何よりです・・・!

東京の計画停電は初日からトラブルも多いですが、
被災地へ電気がいくのであれば全く問題ありません。
むしろたったこれだけの停電でいいのかと・・・。

寒さが厳しいかとは思いますがどうか体調を崩されないよう、
そしてあまり無理はなさらぬよう・・・。
東京にいる私には募金や節電や祈ることしかできませんが、
こちらもひとりひとりができることを少しずつやっていきます。

初めまして。同じ鯖ということもあり、いつもブログ楽しみに見てました!
今回の地震本当に辛かったですね。
私は茨城で被災したのですが、東北より被害の少なかったこちらでさえ、本当に怖いと思いました…
自宅の前の私道が液状化してしまったり、買い物する時に通ってた道が未だ停電していたり、電柱が傾いていたり…電気は復旧しましたが、水道は使えないのがほとんどです。
こちらから支援に行くこともできませんし、ただ遠くから祈っているしかできない状況ですが、節電や募金など何か少しでもできることはやっていきたいと思っています。
まだまだ余震が続いて不安ですし、寒さも戻ってきて体調を崩しやすいかと思いますので、お身体に気を付けてください!

ご無事でなによりでした;
そして心からお見舞い申し上げます;

みんなが応援しています。
少しずつでも復興していきますようにお祈りしております。

みなさまご心配ありがとうございます。。(..)
まだまだ完全復旧とはいきませんがこちらもだいぶ持ち直してきた感じです。
多くの地域でライフラインが復旧し、私が手伝っていた避難所も解散になりました。
港などはまだ船舶や自動車が沈んでいて大型船が入港できなかったりという状態ですが、ひとまず問題なく生活できております。。。
ただ、ガソリンや灯油などの燃料がなかなか来ないので、暖を取るにもちょびちょびと節約して使ってる状態ではありますが。
こちらもだいぶ落ち着いてきたので、募金などで微力ながら力になれれば、と思います。

まだまだ心配なニュースも多いですが、復興などのいいニュースばかりになることを願って!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。