--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-11

特に意味なし

【ぼんぼる】
松前緒花が考案(?)した言葉。
ぼんぼり祭りで願い事をする から転じて 願いは自力で叶えるために努力する の意
つまり頑張ること。
例:「ママだってぼんぼってるのに」→ママだって頑張ってるのに





【ホビロン】
孵化直前のアヒルの卵を茹でて加熱調理したもの。
フィリピンではバロット、ベトナムではホビロンと呼ばれる。
栄養満点で東南アジアでは割と普通に食されている(らしい)。
孵化直前の卵なのでヒナのくちばしや目、骨などが形成されている…
見た目がグロいので慣れた人(普段から食べてる現地の人とか)じゃないと気持ち悪い。

「死ね!」という罵声はよくないと諭されて鶴来民子が代替策として考えた、新しい罵声。
卵料理のホビロンになぞらえて「気持ち悪い」「生理的に受け付けない」という意味合いで、
なおかつ「死ね!」よりはソフトな表現ということで、「死ね!」の代わりに多用される。
「【ほ】んとうに【び】っくりするほど【論】外」の略。
例:「あんたって本当にホビロン!」→あんたって本当に論外、あり得ない





【家嵯取る(いさどる)】
1107isd.jpg

東北地方の古い方言で「忘れ物をしたので自宅に取りに戻る」という意味。(大ウソ)

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。