--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-22

おおかみこどもの雨と雪

2ヶ月前から楽しみにしていた映画。観て来ました。
いやー良かった。120分とは思えない密度というか、見ごたえがありました。
「サマーウォーズ」は正直よく分からなかったんだけど今回はドストライク。
サマーウォーズは登場人物が多すぎたのがちょっと・・・うーん。

おおかみこども、公開初日だし学生はちょうど夏休み入っちゃったし土曜だしで
きっと混むだろうと思ってレイトショーで観にいったけどそれでも混みまくりでした。
これまた何回か観たいなぁ・・・。ほんと良作。
しばらくして空いてくる時期になったらもう一度観にいきたい・・・。
やっぱり人がいっぱいぎゅうぎゅう詰めだと落ち着かないのですよね。
以下ネタバレ。

序盤からもうキュンキュンする展開。
出会いから同棲までの流れ・・・。「私がおかえりって言ってあげるよ」って!って!!

おおかみ男が「同じ団地に家がいくつもあってもそこに住んでる人や生活は色々」
みたいなことを言うシーンがあるのですが、これすっごいシンクロしました。
私も仕事帰りにふと窓から明かりが漏れてる家とかを見ると
ああこの家はいま夕飯なんだな、とか、あの家は2階に明かりがついてるけどもう夕飯済んで
テレビでも見てるんだろうか?とか、あの家は明かりがつかないけど家人が皆帰り遅いのかなとか
そんなことを考えながら暗くなりどきの時間帯の団地を眺めていたりします。


雪と雨の成長に伴う変化。
幼少期は雪が野生まるだしで雨はおとなしい子だったのに
それぞれがあるキッカケで逆の道を選択していく。
雪は人間の女の子として、雨は野生の本能に目覚めて。
雨が野生に目覚めてからの花の不安感と完全にシンクロしてしまいました。
見た目は父親とそっくりなのに生き方は真逆になってしまった雨。。。
父親(おおかみ男)はどうやって野生の本能を抑えて人間の社会に適用したんだろうね。


結局雨は狼として野性の世界へ、雪は人間の女の子として中学に進学。
雪は寮に入るために家を出てしまいました。まぁ通学だと往復5時間半じゃね・・・
そんなわけで花はひとりであの山の家で暮らしているそうです。(雪談)
雪、卒業したら家に戻ってあげて欲しいなぁ。花が寂しいよ。
でも高校、大学とかって進んだらそうもいかないんだろなぁ。
人間として生きるって決めたんだし。


この作品は雪と雨が直面する数々の問題と自分がどう生きていくかという選択が
テーマのひとつだと思うんですが、私としてはそれ以上に花に感情移入してしまいまして。
大学生がおおかみ男と結婚して出産し引っ越して1から農業を学び子育てに悪戦苦闘し
うまくいかなくてもめげず挫けず笑顔を絶やさない。
こんな生き方ができる強さがほしいと思いました。。。。。
ついこの間まで女子大生だった子がソロで廃墟の修理とか畑興しとか絶対ムリだって。。。

余談ですが終盤の夜の学校のシーン。
思春期の小学生男子女子2名が間違いを起こさないか内心ハラハラしてました。
そ、そういう映画じゃないから!

もひとつ余談。
花って大学生のときに結婚してほどなくして子供を産んで、
そして雨が野生の世界に旅立ったときが10歳だったから・・・30代前半?
外見的にまったく老けない花ちゃんスゴイ。
Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。