--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-23

後遺症

うあ~~~~~だめだ!
おおかみこどもを観た後の、なんというか切なさの余韻?らしきモノがまだ抜けない…
なんか日中ふとおおかみこどもの事を考えてしまう。何度も。。。
こうなるとメンタルが通常運転に戻るまでしばらくかかってしまうな(´=ω=`)
また観にいきたいけどそうするとまた切なさメンタルが長引いちゃうし!どうしよ!
以下ちょっとネタバレ。また。

おおかみ男が死ななくて親子4人であの里山でつつましく暮らす ←個人的にベスト
雨が狼の本能に目覚めず親子3人でつつましく暮らす ←次点

みたいなことを考えちゃうんですよねえ
雨と雪がそれぞれの生き方を選び成長していくのも重要なテーマのひとつなので
何事もなく親子で幸せに暮らすエンドっていうのはどうなの?という気持ちはありますが
やっぱり最後に花がひとりであの家に暮らすっていうのが私にはどうしても寂しいんですよ。
別にバッドエンドなわけではないんですけど…うーん。
雨は狼として山に生き、雪は寮に。おそらく進学、就職すれば親元を完全に離れちゃうでしょう。
作中では雪が家を出て中学の寮に入ったところまでしか語られませんが、
現実と照らし合わせるときっとそうなるだろなーとか考えてしまいます。
子供の自立は花にとって不幸なことではありませんが…やっぱり寂しいよ;;


この作品は子供にはあまりおもしろくない映画のようでした。
映画館では家族連れのお客さんも多かったですが、まわりのお子さんは
ご両親とどこが面白いの?みたいな話をしてました。
逆に親世代と思しき年代のお客さんはみんな涙してました。まわりの人ほとんど全部!

以下は私の勝手な考察というか考えなのですが
この作品は(大学生時代の)花と同年代かつ一人暮らしをしていたり、
作中の雨と雪2~3歳くらいのお子さんがいる親世代だったり、
本当の意味で家族の大切さが分かる年代の人に受けがいいんじゃないかと思いました。
小学生とかは家族がいて親に養ってもらってるのが普通、みたいなところがあり
本当の意味で家族、親の尊さを理解できるところまで至っていないゆえ、
いまいちこの作品に共感できないのではないか、と。
実際に世の子供たちがみんなそうだという意味ではありません、念のため。


しかし大学時代のキュンキュンする気持ちとか、つつましい同棲生活でじんわりしたりとか
雨が覚醒したあとの不安感のシンクロとか、雨と雪が家を出た後の
花のひとりの生活を考えるとどうにも寂しい気持ちになっちゃうとことか
私は花に感情移入しすぎ……?
雨と雪の成長と人生の選択も重要テーマですが、私はそれ以上に花に幸せであってほしいのです。
いや、花は雪と雨のそれぞれの決断を見届けたわけだし、死別したわけでもないし
親としては幸せなんだろうとは思うのですが、、ひとりであの家に暮らすっていうのがな~;;
かといって、ならばどういう展開が花にとって一番の幸せなんだろう、
人と狼との間で迷いながら子供たちと3人であの家でずっと暮らす?
学校やご近所さんもあるし、何より子供たちの人生が迷ったままでは幸せとはいえないでしょう。
じゃあどういう展開が花にとって一番の幸せなのか?と考えちゃいます。
父であるおおかみ男は死なず、雪は狼に覚醒後もたまにあの家に帰ってきて
雪は卒業後あの家に戻ってきて就職し、親子4人で暮らす。
でも狼として山の主になったのに人間の家に出入りしては森の動物に示しがつかない。
雪も卒業後に戻ってきたとして、あの田舎に就職できるようなところがあるかというと…
やっぱり都会に出て自立しちゃうんだろうなぁ。

ああもういろいろ考えちゃって頭の中がぐるぐるだ!
ゲームか何かして一度脳内のおおかみこども領域をリセットせねば!
ポケモンでもするか!
Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。