--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-08

サポナイトの素晴らしさ

赤/ナ。
最近、一番のお気に入りのサポです。
現状、赤/暗ほど重要視されてないサポナですが、なかなかいいです。
アビや特性がソロでガチンコ戦闘する赤とかなり相性がいいです(*´д`*)


[シールドバッシュ]
・盾で敵を強打し、たまにスタン
赤には盾スキルがあるのでサポでもシールドバッシュが有効活用できます。
サポ暗のウェポンバッシュは両手武器でなくては使えないので……
赤は両手武器スキルがないし、ソロでは精霊、スリップマラソンでも
しない限りは剣や短剣、盾を装備して戦うのが普通ですしねー


[シールドマスタリー]
・盾防御の発動時に得TPにボーナス
・盾防御の発動時は魔法の詠唱中断されない

特に有益なのが後者で、盾防御発動率の高い盾
(バックラー系や玄武盾系)を使っているとさらにお得。
おなつよくらいのモンクタイプのモンスを相手にすると気持ちいい(´~`)


[センチネル]
・30秒間、被物理ダメージカット
使用直後が約90%カット、その後徐々にカット率が低下し、50%で下限キャップ。
50%に達してからはセンチネルの効果時間が終わるまで、最後まで50%カット。
これは本職ナイトにとっても有益な修正でしたが、サポでも有益なのが良い!
サポで使ってもセンチネルの効果が劣化するようなこともない(はず)です。
百列拳を使ってくる敵に合わせてもいいし、ストンスキンを長持ち
させるためにセンチネルを重ねたりといった使い方も。


[フラッシュ]
・短時間、敵の命中率を著しく下げる
もちろんサポでも有効な魔法。
赤は神聖スキル持ちですが、デフォルトでは神聖魔法が使えません。
サポナでフラッシュするために神聖スキルがあると言ってもいいかも!?
サポ白でバニシュは正直ビミョーですしね……w
タイミングを見てセンチネルとセットで使えば、さながらプチインビンシブル。
フラッシュはソロじゃなくてもPTでも有効ですねー
例えば集団戦において、スタン役が十分にいるならば、自分は
サポナにしてフラッシュのほうでPTの補助をするのも面白いかも(・ω・)


[かばう]
・敵の前に立ちはだかってPTメンバーの代わりに攻撃を受ける
赤の硬さを利用して一時的な盾になれます。
本格的に赤で盾をやる場合はサポ忍でそれなりの装備もいるでしょうけれど
少人数で何かやりながら、タゲられた仲間のかばってあげることができます。


[オートリフレシュ]
・MPが徐々に回復
1/3secでリフレシュ効果。
魔法のリフレシュをかければ3秒に4ずつ回復。
オートリフレシュのある装備を着ればさらに+1。
オートリフレ装備がない時、魔法のリフレを自分にかけるのが
めんどい時なども徐々に回復しますし、かなり便利!


[EXWS使用可]
・レッドロータス、セラフブレード、ボーパルブレード等が使える
威力が低いサベッジブレードの代わりにボーパルブレードが撃てます。
普段はバーニングブレード、シャインブレードしか撃てませんが
サポナなら上位のレッドロータス、セラフブレードも撃てます。
まあ、サポ戦や暗でも撃てますが。


[その他のジョブ特性]
・アンデッドキラー
アンデッドがたまにひるんでくれる
・ホーリーサークル
アンデッドキラー効果をPTメンバーに付与
・物理防御力アップ
Lv10、Lv30で防御力にボーナス
・レジストスリープ
たまにスリプルをレジストしてくれる


このようにメリットがたくさんあるサポナイト。
ナイト強化修正によって一番嬉しいのはもちろんメインナイトでしょうけれども
サポナも有効という道が開けて他のジョブも間接的に嬉しい!

赤でなくともサポナはソロが楽になるそうです。
盾スキルとかがないコルセアでも、サポナでクフタルの
カニくらいの敵ならノンストップで狩れるそうです。
ナイトはデフォルトでケアル使えるので回復もできるし、
センチネルの被物理ダメージカットも大きいとのこと。



もともと赤とナイトは「殴られ、耐える」戦闘スタイルが似ているので
どちらかのジョブが高レベルな人はもう一方のジョブも違和感なくやれるかな?
剣と盾で戦うのでスキルも共用、硬さを活かしダメージは自己ケアルで回復。
ただ、赤でファストキャストに慣れすぎて、ナイトの時に同じタイミングで
自己ケアルを詠唱すると中断されることがあるので注意!(経験談)

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。