--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-22

Ogama VS くりすのて

色々とサポ忍用の装備をあつめてみたので、ちょっと試したくなりました。
テリガンのマンティコアはもう飽きちゃったから別なのがいいなー
空蝉がないと攻撃が痛くて厳しい相手といえば何がいるだろう…


んっ、怨念洞のドゥームとかいいんじゃ!
75でもとてだし、スリプルで寝ないし、緊張感あるし、練習にもなりそ~
しかもあそこはNMのOgamaがわくはず。人気ないNMだし、人もこないはず。
そんなわけで怨念洞へ修行の旅に出ました。


途中のウガレピで包丁NMのSozu Sarberryがわいていました。
もちろんたたかえ
o-12n.jpg

微塵隠れで893ダメージもらってちょっと冷や汗。
それ以外は問題なく、撃破。
ドロップはトンベリコートと卍手裏剣でした。ま、そんなものよね!



さらに進むとManipulatorが放置されていたので、これもやっちゃいます。
攻撃速度は速く、スロウやパライズ等ほとんどの弱体魔法が効かない相手ですが
攻撃力は大したことはないのでファランクスとブレイズスパイクをして
ポイズンIIとバイオIIIを入れて適当に殴ってるだけで余裕の勝利。
ハードシールドドロップ。100%ドロップか(´~`)



絵筆扉をくぐって怨念洞へ。
目指すはハクタクの???があるマップの南西の広場です。
ここにMillion Eyes6匹とDoom Toadが3匹。
Million Eyesは丁度~つよですが、凶眼の麻痺が怖いのでスルーします。
Million Eyesにからまれないよう気をつけてDoom Toadを釣り。
o-11n.jpg

ときおり来るダブルアタックが怖いものの、普通にやれますね~
攻撃速度は遅いわけではないので、マンティコアよりは集中力がいるかも。
とはいえ、連続でダブルアタックでもこない限り余裕でした。



しばらく狩り続けて地味にメリポが溜まってきた頃、ついにOgamaと対面。

この広場、東の通路から見て広場手前にDoom Toadが1匹、奥に2匹います。
奥のDoom Toadの代わりにOgamaがわいたので、奥の2匹のどちらかが抽選ぽいです。
ありったけの強化魔法をかけて慎重に釣り、戦闘開始。

o-13n.jpg

むう、ゲージの減りが…これはかなりHPが高い様子。
長期戦覚悟の構えでじっくり慌てずにやります。

敵の残りHPが半分程度になった頃…
最初は敵の攻撃に2、3回は耐えていたストンスキンが、
新しいものを張りなおしても1回で打ち破られるように。

こ、これは…明らかに攻撃力が上がっております((((゜Д゜;))))
あとで調べて分かったのですが、このNMは残りHPに反比例して
攻撃力、命中率がアップしていくという特性があるそうです。

体感ですが、このNMは雑魚のDoom Toadよりもダブルアタックの頻度が多いようで、
運にもよりますが、空蝉を完璧に回すのは忍者でも厳しいかも。。。

空蝉のリキャストが間に合わない時はバインドで距離をとって
リキャスト時間を稼いだりしてなんとか粘りつつさらに削っていきます。

敵の残りHPが3割ほどになると、攻撃力はすさまじいもので
序盤はストンスキンなしの状態で被弾しても200前後だったダメージが
終盤は被弾すると平気で500ダメージ代が出ます。ストンスキンもちません(´;ω;`)
まさに「一瞬の油断が命取り」な状況です。
ストンスキンをしていても、一発でも被弾すれば致命傷です。



バインドとコンバートを駆使して粘り、OgamaのHP残り1割まで削ったのですが
o-14n.jpg

怒涛のダブルアタック連発とバインドがレジられたことによってあえなく敗北。
ぐ、、、惜しい(つ△T)





HPは雑魚のDoom Toadが4500~5000弱ほど。
Ogamaはゲージの減りから見て、2万弱はありそうです。



あとでググってみたのですが、このNMは空蝉本職の忍者でも
ソロで相手をするには厳しい部類に入るんだそうです。
闇属性完全耐性のため暗闇の術が効かないことと、残りHPに反比例して
攻撃力と命中率がアップするOgamaの特性によって、
敵のHPを減らしていくほど素での回避ができなくなり、
空蝉が間に合わなくなって撃沈、のパターンが多いとか。

もちろんブラッディボルトなども効かないのでシーフでも厳しいそうです。

忍者やシーフでも「厳しい」のであって、「不可能」ではないみたいですが(*'-')

素の回避スキルが高く、回避装備が豊富な忍者でもつらいならば
赤で回避装備そろえても回避できそうにありませんのう。。。

スロウ、パライズは通るので麻痺に期待したいところですが
終盤は空蝉維持で精一杯で余裕がなかったのでパライズ撃つチャンスがなかなかこないなあ。
でも残り1割まで減らせたし、バイルエリクサーとバイルエリクサー+1
でもあれば、勝てそうな気はしました。


まあ、空蝉の下手な私にしては結構いい線まで行けた!
と自分で自分をほめておくことにします!!

Copyright (C) ~(((((*'ω'*)))))~. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。